LOG IN

にわかバードウォッチャー(前編)

by oyatsutakiko

日常の合間に見る鳥たちの姿が好きだ。

中学校の頃、通学路の住宅街の一角にニワトリを犬小屋で飼ってらっしゃるお宅があり(犬はいなかった多分)、通りがけにニワトリが出ているのを見かけるとなぜかその日はプチラッキーな日が続き、その頃からだろう、鳥を見かけるとラッキーデイ、みたいなジンクスが刷り込まれた。
「コ、ケコッコーーー!」
なんて鳴き声を聞くことができた日は、超ラッキーディ♡なんて舞い上がっていた中学乙女だったのである。


日常で良く見かける鳥、スズメのチュチュチュチュ♪の大合唱の朝も良いし、ツバメがひゅうーーー〜ーんと、まるで紙を切る時に、チョキチョキと動かさず切れ味そのままにしゃーっと切るハサミの様に飛んでいく様を見るのも好きだ。

店の前にいるスズメたちは、栄養状態がすこぶる良いんじゃないのかと思うほどまるまるとしているのが多い気がする(当然ながら私が餌をやってる訳ではない)。なんだかコロコロとまるこい印象なのだ。

何も手入れをしてない花壇エリアで、砂浴びをしているのを見るのもとても和む。
気づかず車を止めてババンと戸を閉めた瞬間、砂浴びのスズメちゃんたちがパッと飛び立つと、あらお風呂中に驚かしてごめんねぇと謝る。

上の写真は店前にて、すぐ飛び立っちゃうスズメちゃんをラッキーにも瞬撮できた2枚。
右は砂風呂中を激写です(笑)



鴨ちゃんの、足が短くてちょっと下半身が重そうなのを必死でパタパタ飛んでる姿も可愛い。

鴨の飛んでる写真は用意できなかったので、上杉神社のお堀の1枚と、ウィキから失敬してきた1枚。




ハクセキレイ。
我が家ではみな、テテテどりと呼んでいる。
妹のあまりにもどんぴしゃな命名で、聞いた日そのまま我が家全員に定着である。
ハクセキレイという本名を知ったのは、ほんとつい最近のことだ。

こういう道路を低速走行中に、なかなか飛び立たずテテテテ必死に歩いてると、ごめんねぇ、ちょとよけてねぇ、と思う。


カラス。
自宅前の道路を低速走行中、くるみを投下された時はほんとびっくりした。車にくるみを轢かせて中身を食べるというのを聞いたことはあったが、まさか自分の車で遭遇するとは。えーーーっ?!である。実際にフロントガラス越しに繰り広げられた光景にあ然としつつ、すんでのところでくるみをよけた。まったくもう。しかし敵ながらあっぱれである。

またウィキから失敬。


自宅前でよくお目見えするカラスくんたちは、自宅前の電柱の一番上や、道向かいの電線や、もうちょっと先のお宅のけっこう大きな木の辺りに居て、その三方で、

「わ、わ、わ、わ、わ!」

とか、

「かーあ、かーあ!!」

とか、

「ぐるる、ぐるる」

などと喉を鳴らしたりして、何をしゃべってるんだろう?
カラス語が分かればいいのにと思わせたり、

ファササササッ!!!と2〜3羽でアクロバティックに飛び回り、
じゃれてるのか喧嘩してるのか、よぉく見てても分からないのだが、
とにかく若々しいのである。



…と、ここまで書いて、思った以上に長くなりそうなことに驚き、
続きは後編に書くことにします。


oyatsutakiko
OTHER SNAPS