LOG IN

おかげさまでの丸3年(ごあいさつ編)

by oyatsutakiko

起業、創業って何?という期間から、実際に起業するまでの、なんというか、熱意というか熱病のような1年余りを経て2014年6月にささやかに開業し、おかげさまで丸3年が経ちました。

3年を迎えられたこと。
ご縁のある方々に、御礼と感謝を、
そして今ある思いを素直に文章に起こしたく、画面に向かっているところです。
思っていることを箇条書きにメモしていたこともあり、内容がぴょんぴょん飛びますことをお許しくださいませ。


写真を見て振り返りながらこの3年間をつらつらと眺めてみると、よくこれでやってこれたなあ、こりゃぁもう奇跡に近い、只々ご縁のある方々のおかげさまでここに居ることができるのだと改めて痛感した次第です。

大きくなりあまり手間はかからなくなった子供たちですが、そんな子供たちと家族の時間を出来るだけ大事にしつつ、お菓子の仕事を続けられたら…、そんな思いで一度は諦めかけたお菓子に関わる仕事をこのようなスタイルで始めることができたのは、起業時に様々お世話になった方々と、家族の理解と協力の賜物です。

ご飯を作り、食べること。お茶の間。
朝だったら、よし今日もやっか!、の起爆剤として、
夜だったら、どどんと作って出したときの表情から、
あーだこーだ言いながら食べ、気持ちがゆるみ、
なんちゃない冗談やら、今日あったことやらが飛び出す。
時には愚痴だって、うまくいかなかったことだって、
すぐに解決はできないまでも、ほぐせる場所。

家族の元気なくして、私の元気はないなぁと、
ユーモアもウイットに富んだ言い回しも、家族の元気なくしては出てこないものだなぁと、
最近とみに思います。
(だいぶカッチョ良く書いちゃいましたが、手抜きもおそそもたくさんあります^^;)

そういう表情を見るのが好きで、
開店時も、お菓子をお渡しした後のチーズケーキのハネだしお渡しタイムのおしゃべりがとてもとても有難いひとときと感じています。
(バタバタなときもたまーにあります。ごめんなさい。)

ご縁のある方々との関わり、やりとりの中で、
それぞれの方のドラマを感じるおしゃべりタイムは、貴重で有難い、
様々な色の模様を織り込んでいくような日々と感じています。
おやつを介してなので、楽しい話題が多いのも幸せなことです(*^^*)

早く、きれいにを目指す製造の現場と、
世話する、聞く、見守る、待つ、の小さい頃の子育ての日々。
その温度差の中を、どうにかどっちもうまくやりたい、できないものか…、無我夢中で模索していた頃。

今でも、うまくやってるとはとてもとても言えないけれど、
やっててもいいよ、と許されている限りは、
これが食べたい、できますかと言われてできる限りは、
マイペースながら、精進しながら続けたい、強くそう思います。

この3年、めちゃくちゃ大きな出来事はなかったものの、
中小さまざまな事はたくさんありました。
中小さまざまな事はこれからもあるでしょう。
これまでも、そしてこれからも、その日その日をうーんと味わう、乗りきる、
時にはセーフモードも有りで、
少しでも前の自分より進化できてたらいいな、と思います。

とりとめのない文章にお付き合いくださり、どうもありがとうございます。
3年を迎える事ができたのは、
ご縁のある皆様方あってのこと、
深く深く御礼申し上げます。
これからもどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
お会いできますことを楽しみに、
これからも励みます。

2017年6月6日

タキコおやつ実験室
   高桑 朗子


oyatsutakiko
OTHER SNAPS